入れ歯

お一人おひとりに最適な入れ歯を

宝塚でおひとりお一人に合わせた丁寧な入れ歯作製をする安福歯科医院お口の形、痛みの感じ方、そして気になるポイントというものは、患者様お一人お一人で異なります。
カウンセリング、丁寧な検査で、患者様に適切な入れ歯をご提案します。カウンセリングでは、率直なご希望(強く噛みたい、見た目の良いものがいい、費用を抑えたい)をおきかせください。

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

保険診療の入れ歯は、材料・作り方に制限があります。人工歯、歯ぐきの部分はともに樹脂で作製します。また、部分入れ歯の場合には、金属の留め具がつきます。
一方で自費診療の入れ歯は、材料・作り方に制限がありません。健康保険が適用されないという面はあるものの、新しい材料を使って、手間をかけ、精密な入れ歯を作ることができます。
簡単に言えば、自費診療の入れ歯の方が優秀ということですが、大切なのは患者様のご満足です。保険診療の入れ歯でも十分に快適に過ごされる方もたくさんいらっしゃいますので、まずはお気軽にご相談ください。

当院で取り扱っている入れ歯

レジン床義歯(保険)

樹脂(歯科用プラスチック)で作る入れ歯です。素材の耐久性が金属などより劣るため、どうしても厚みが出てしまいます。

メリット:費用が安く、短期間で作製することができる。
デメリット:厚みがあり、違和感・異物感が生じやすい。

金属床義歯(自費)

床部分に金属を使用した入れ歯です。

メリット 薄いため、違和感が少ない。また、食べ物の熱をしっかり感じながら食事ができる。耐久性にも優れる。
デメリット 金属アレルギーのリスクがある。
金属床義歯の費用

●●円

ノンクラスプデンチャー(自費)

金属の留め具がない部分入れ歯です。歯ぐきに吸着するようにして安定を得ます。

メリット 留め具がないため、審美性に優れる。また入れ歯自体が薄く、快適。
デメリット 壊れたときの修理が難しく、作り替えになりやすい。
ノンクラスプデンチャーの費用

●●円

アタッチメント義歯

磁石やボタン式のアタッチメントを活用し、カチッと安定する入れ歯です。保険の部分入れ歯のような金属の留め具はありません。

メリット 安定感、審美性に優れる。
デメリット アタッチメントを取り付ける際に、歯を少し削ることがある。
アタッチメント義歯の費用

●●円

インプラント義歯

インプラントによって、総入れ歯を固定するタイプです。

メリット 安定感が抜群であり、強く噛むことができる。
デメリット インプラントを埋入する手術が必要になる。
インプラント義歯の費用

●●円

永続的に入れ歯を使用して頂くために

入れ歯のメンテナンスなら宝塚の安福歯科医院へ入れ歯もメインテナンスが欠かせません。
入れ歯の使用中は、入れ歯そのもの、入れ歯との隙間などに汚れが溜まりやすくなります。毎日のセルフケアと入れ歯の洗浄によって一定の衛生環境を保つことができますが、やはり天然歯と同じように、定期的なプロによるケアが欠かせません。
入れ歯と天然歯を、長く快適に使用できるよう、作製後も定期的にメインテナンスにお越しください。

一番上に戻る
新規web予約 再診web予約 line予約