咬合治療

咬合治療とは

宝塚で咬み合わせ治療なら安福歯科医院「歯並び」と「噛み合わせ」は別の問題として捉えなければなりません。
歯並びがきれいでも、上下の歯がきちんと咬み合っていなければ、“咬み合わせが悪い”ということになります。
咬み合わせの悪さは、咀嚼の力やその効率、顎関節、全身への悪影響を引き起こす可能性があります。
咬合治療により咬み合わせを改善し、お口と身体の機能の正常化に努めましょう。咬み合わせは、矯正治療、補綴治療、スプリント療法での改善・症状の緩和が可能です。

咬み合わせの乱れは全身の健康に影響する可能性も!?

上下の歯がうまく咬み合っていないわけですから、咀嚼がうまくできなくなります。ただ、特に歯や歯ぐきが健康な方にとって、“咀嚼がうまくできていない”ことを自覚するのは困難です。無意識にやわらかいものばかり食べたり、噛まずに飲み込んでしまう癖がつきます。こうなると、胃腸などの消化器官に過度の負担をかけることになります。
また、咬み合わせの乱れが顎関節のバランスの乱れにつながり、そこから肩こり、腰痛などへと波及することも少なくありません。頭痛を訴える方もいらっしゃいます。
このように、咬み合わせの影響は、口腔内に留まらず、全身に広がる可能性をはらんでいます。

咬み合わせ異常によって起こるトラブル

歯ぎしりや食いしばり

咬み合わせの乱れによって顎関節に負担がかかり、歯ぎしりや食いしばりを引き起こすことがあります。

 

顎関節症

咬み合わせの乱れによって、顎の負担に左右差が生じたり、筋肉に緊張を強いたりして、顎関節症を招くことがあります。

 

歯根破折

一部の歯が偏った力を受けることにより、歯根破折を起こすことがあります。

頭痛や肩こりが起こる

咬み合わせによる肩こりや頭痛の治療なら宝塚の安福歯科医院へ咬み合わせの乱れが、顎、首、肩、腰へと波及し、各部位で症状を引き起こすことがあります。頭痛を訴える方もおられます。

虫歯や歯周病になりやすくなる

偏った力により歯にヒビが入り、そこに細菌が侵入・繁殖することで虫歯リスクが高まります。また、同様に偏った力がかかった歯肉は損傷を受け、顎の骨が溶ける歯周病を引き起こします。

当院で行う咬合治療

矯正治療

マウスピース(インビザライン)矯正によって、咬み合わせを考慮した歯列へと誘導します。

補綴治療

セラミック修復物や入れ歯の調整、インプラントの使用などで咬み合わせを改善することが可能です。

スプリント療法

マウスピースを使用し、咬み合わせの乱れに伴う歯ぎしりや食いしばり、顎関節症の症状を緩和します。

一番上に戻る
新規web予約 再診web予約 line予約