インビザラインを装着している時の飲食について

インビザラインを装着しているあいだは、食べ物を食べることができません。また飲料についても、一部を除き口にできません。
インビザラインは、虫歯リスクをコントロールしやすい矯正装置です。しかし、食べ物・飲み物の誤った摂取方法によって、虫歯のリスクが上昇することがあります。

インビザライン装着したまま飲んで良いもの

水インビザラインを装着中に飲んでも良いのは、“色がついておらず砂糖を含んでいないもの”です。
具体的には、「水」と「(砂糖が一切入っていない)炭酸水」が挙げられます。
この2つ以外は口にしてはいけない、と覚えておくと良いでしょう。

インビザラインを装着したまま飲んではいけないもの

コーヒー、紅茶、赤ワイン、ビール、スポーツドリンク、清涼飲料水、熱い飲み物(熱いお湯含む)など、“水と炭酸水以外の飲み物”は、たとえ透明でも、インビザラインを装着中に飲むことができません。
着色、変形などのおそれがあります。また透明の飲み物であっても、砂糖を含んだ炭酸水・清涼飲料水は、マウスピースと歯とのあいだに入り込み、虫歯の原因になるため、やはり飲むことはできません。

インビザラインを装置したまま食事はしないように

インビザラインは、お食事の際には必ず外していただきます。
マウスピースの破損、変形、着色を招くばかりでなく、虫歯のリスクを高めてしまうためです。
少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れればマウスピースの着脱は数秒でできるようになります。また、ワイヤー矯正とは異なり、食事によって食べ物が装置に挟まる心配がありません。装置を気にせずに、これまで通りにお食事を楽しむことができます。

インビザラインを装着してガムは噛まない方がいい?

ガムについては、インビザラインを装着したまま噛めないわけではありません。ただ、装着したままでは食感も良くありませんので、できれば装置を外して召し上がってください。
なお、インビザラインを装着したまま噛むガムには、糖類ゼロのキシリトールガムを選ぶことをおすすめします。

食事の後は歯磨きを!

歯磨き食事中にインビザラインを外していても、その後歯を磨かずに装着してしまっては、装置と歯のあいだで細菌が繁殖し、虫歯の原因になります。また、食べかすや食べ物の汁などからのインビザラインへの間接的な着色も懸念されます。
食後は、必ず歯を磨いてお口をきれいにしてから、インビザラインを装着してください。デンタルフロスや歯間ブラシも併用し、汚れの取り残しがないようにしましょう。

一番上に戻る
TEL.0797-74-7855TEL.0797-74-7855LINE予約LINE予約 再診WEB予約再診WEB予約 新規WEB予約新規WEB予約