口ゴボ(くちごぼ)を治したい

口ゴボ(くちごぼ)とは?

口ゴボとは、外から見て、口元が盛り上がっている状態のことを指します。横からは、唇が鼻と同じくらいか前方に出ているように見えます。
日本人などのアジア人に多く、その見た目を気にされている方も少なくありません。原因となっている不正咬合を改善することで、口元の盛り上がりを和らげ、すっきりとした印象を取り戻すことが可能です。

口ゴボ(くちごぼ)の原因

口ゴボの主な原因は、出っ歯にあります。上の前歯だけが前方に突き出ている場合もあれば、上下の前歯が前方に突き出ている場合もあります。
さらに、出っ歯の原因としては、前歯が正しい位置・角度で生えなかった、指しゃぶりや舌で前歯を押す癖、骨格的なズレなどが挙げられます。

口ゴボの場合どんな影響があるの?

見た目が気になる

鼻の下が長く見える、口元の膨らみ、横顔などを気にされる方が少なくありません。 また、笑ったときに出っ歯が見えることを気にされ、いつも口元を手で隠してしまったり、口を開けて笑うのを我慢してしまう方もおられます。

虫歯・歯周病リスクの上昇

ほとんどの場合、口ゴボの背景には出っ歯があります。口が開きやすく、口腔内が乾燥しがちです。唾液による自浄作用がうまく機能せず、細菌の繁殖を招き、虫歯・歯周病リスクが高まります。

顎関節や胃腸への負担の増加

出っ歯が背景にある場合、噛み合わせが良くないため、顎関節への負担が増加します。また、食べ物をうまく噛み切れないことから、胃腸などの消化器の負担も増します。

口ゴボ(くちごぼ)の治し方

マウスピース矯正(インビザライン)での治療

マウスピース矯正(インビザライン)での治療インビザラインなどのマウスピース型の矯正装置で、口ゴボの原因となっている出っ歯を治す方法です。 装着時もほとんど目立たず、口元の見た目を損なわずに治療を行うことができます。ワイヤー矯正を併用することも可能です。

セラミッククラウンでの治療

セラミッククラウンでの治療比較的軽い出っ歯を原因とする場合には、前歯を削ってセラミッククラウンを被せる方法も有効です。 短期間で、歯の形、色をきれいに整えることができます。

ワイヤー矯正(表側矯正・裏側矯正)

ワイヤー矯正(表側矯正・裏側矯正)ブラケットとワイヤーを使って歯を動かす、もっともベーシックな矯正治療です。幅広い症例に対応が可能です。 装置を歯の裏側に取り付ける裏側矯正であれば、ほとんど目立ちません。

口ゴボ(くちごぼ)Q&A

口ゴボの矯正をしたら横顔がきれいになりますか?

はい、きれいになります。鼻頭と顎先を直線で結んだときにその直線に唇が触れない、いわゆる“Eライン”にできるだけ近づけます。
口元が適度に引っ込んでいることで、横顔がすっきりと美しくなります。

口ゴボは自力で治すことはできないですか?

歯を舌で押す癖、頬杖、口呼吸などをご自身の努力で改善することで、口ゴボの原因となっている出っ歯の悪化を止めることは可能です。しかし一度出っ歯や口ゴボになってしまうと、自力で治すことは不可能と言えるでしょう。
歯科矯正治療や美容外科手術などで治すのが基本となります。当院では、歯を削ってセラミッククラウンを被せる口ゴボ治療にも対応しております。短期間で、歯の形や色を、きれいに整えられます。

口ゴボはマウスピース矯正で治せますか?

はい。出っ歯をマウスピース矯正で治すことで、口ゴボを改善することが可能です。
当院では、世界100カ国以上で、これまでに800万人以上の患者様に使用されてきた「インビザライン」を導入しております。
まずは一度、お気軽にご相談ください。

一番上に戻る
TEL.0797-74-7855TEL.0797-74-7855LINE予約LINE予約 再診WEB予約再診WEB予約 新規WEB予約新規WEB予約