前歯を矯正したい

前歯だけを矯正したい方へ

“気になる前歯だけを矯正する方法“というと、ブラケットとワイヤーを使った部分矯正がよく知られています。 当院では、ブラケット・ワイヤーによる部分矯正に加え、前歯の矯正に特化したマウスピース矯正「インビザラインGO」、セラミッククラウンやラミネートべニアでの前歯の矯正といったメニューをご用意しております。

いずれも通常の全体矯正と比べると治療期間が短く、費用も抑えられます。 患者様に合った方法で、気になる前歯の歯並びをきれいにしていただけます。

前歯の矯正ならこんなメリットが!

治療期間が短い

動かすのは前歯だけです。奥歯より動かしやすいため、治療は3~6か月程度で終了します。
セラミッククラウンやラミネートべニアを使った前歯の矯正の場合は、さらに短い期間での治療が可能です。

費用が抑えられる

治療の対象となる歯が少ないため、20~30万円と費用を抑えられます。

痛みが少ない

前歯は、奥歯とは異なり歯の根の形が単純です。そのため、治療時の痛みも抑えられます。

前歯の矯正治療法

マウスピース矯正(インビザライン)での治療

マウスピース矯正(インビザライン)での治療前歯の矯正に特化したマウスピース型矯正装置「インビザラインGO」にて治療します。 通常のインビザラインと同様に、マウスピース型の装置を装着して前歯だけを動かします。ほとんど目立たない装置で、痛みも少なく、快適な治療が可能です。

ワイヤー矯正(表側矯正・裏側矯正)

ワイヤー矯正(表側矯正・裏側矯正)ブラケットとワイヤーを使って前歯のみを動かします。 装置は、犬歯から犬歯の計6本に取り付けます。全体矯正と比べて、患者様のご負担も軽減されます。

セラミッククラウン・ラミネートべニアでの治療

セラミッククラウンでの治療前歯を全体的に削りセラミッククラウンを被せたり、前歯の表側だけを薄く削りセラミックを貼り付けたりして、前歯の形・色を調整できます。 歯を動かすものではありませんので、さらに短期間での治療が可能です。また、後戻りの心配がありません。

前歯の矯正Q&A

前歯の通院回数や矯正期間はどのぐらいですか?

矯正装置を使用する場合には、治療期間にそれほど差はありません。ただ、マウスピース矯正の方が通院頻度が少なく、患者様のご負担は少なくなると言えます。

マウスピース矯正(インビザライン矯正)の場合

インビザラインGOを使用した場合、無駄のない、最短距離での治療が可能です。
通院間隔は、1~3か月に1回程度です。
治療期間は、おおよそ3~6か月程度です。またその後、治療期間と同じ長さの保定期間が必要になります。保定期間には、治療直後の歯並びを安定させるために保定装置を装着していただきます。

ワイヤー矯正の場合

通院間隔は、2~3週間に1回程度です。
治療期間は、インビザラインGOと同じく3~6か月程度です。治療後は、治療期間と同じ長さの保定期間が必要になります。

前歯の矯正後、後戻りすることはありますか?

矯正装置によって歯を動かした場合には、たとえ前歯だけの治療であっても、後戻りのリスクはゼロではありません。治療後に迎える保定期間に、しっかりと保定を行うことで、そのリスクを下げることができます。
また、保定期間が終わったあとも、定期的にメインテナンスに通われ、後戻りの有無のチェックを受けられることをおすすめします。

前歯1本でも2本でも矯正費用は変わらないのでしょうか?

動かす歯が1本だけであっても、装置の取り付けが必要になるのは犬歯~犬歯の計6本です。
そのため、1本でも2本でも、費用に違いはありません。

前歯の矯正症例

Case1

Before

前歯の矯正症例before

After

前歯の矯正症例after

主訴 前歯の歯並びが気になり、ご来院されました。
一度、矯正治療をご相談されたことがありましたが、再度ご来院頂き、治療を進めることになりました。
治療内容 マウスピース矯正(インビザライン)
治療期間 約1年4か月
費用の目安
約870,000円(税別)
リスク・副作用 口腔内のプラークコントロールが必要だったので、1~2ヶ月に1回のクリーニングで来院。

Case2

Before

前歯の矯正症例before

After

前歯の矯正症例after

主訴 前歯の隙間・歯並びが気になっていた。
治療内容 マウスピース矯正(インビザライン)
治療期間 約1年6か月
費用の目安
約870,000円(税別)
リスク・副作用 1~2ヶ月にの定期的メインテナンスが必要。
一番上に戻る
TEL.0797-74-7855TEL.0797-74-7855LINE予約LINE予約 再診WEB予約再診WEB予約 新規WEB予約新規WEB予約